事務局からのお知らせ
 
6月25日(火) システムメンテナンスのお知らせ (2019年06月11日)
誠に勝手ながら、下記日時においてシステムメンテナンスを実施するため、
41-23.com及び西日本レインズに関連する全てのサービスを一時停止させて頂きます。

■日時
2019年6月25日(火) 23:30 〜 2019年6月26日(水)1:30

■影響
上記期間中、以下のサービスが利用できなくなります。
41-23.com 会員間システム 物件登録・検索
41-23.com 一般公開サイトの閲覧
西日本レインズ ホームページの閲覧、検索システム


皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、
よろしくお願い申し上げます。


5月17日(金) システムメンテナンスのお知らせ (2019年05月09日)
誠に勝手ながら、下記日時においてシステムメンテナンスを実施するため、
41-23.com及び西日本レインズに関連する全てのサービスを一時停止させて頂きます。

■日時
2019年5月17日(金) 23:30 〜 2019年5月18日(土)2:00

■影響
上記期間中、以下のサービスが利用できなくなります。
41-23.com 会員間システム 物件登録・検索
41-23.com 一般公開サイトの閲覧
西日本レインズ ホームページの閲覧、検索システム


皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、
よろしくお願い申し上げます。


2月9日(金) システムメンテナンスのお知らせ (2018年02月06日)
誠に勝手ながら、下記日時においてシステムメンテナンスを実施するため、
41-23.com及び西日本レインズに関連する全てのサービスを一時停止させて頂きます。

■日時
2018年2月9日(金) 23:00 〜 2018年2月10日(土)3:30

■影響
上記期間中、以下のサービスが利用できなくなります。
41-23.com 会員間システム 物件登録・検索
41-23.com 一般公開サイトの閲覧
西日本レインズ ホームページの閲覧、検索システム


皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、
よろしくお願い申し上げます。


平成30年1月5日から運用開始予定「取引状況の補足」欄の入力必須化を行います。 (2017年12月12日)


熊本県不動産流通センター運営規程について (2016年05月04日)
熊本県不動産流通センター運営規程が平成28年4月26日理事会で施行が議決されました。

熊本県不動産流通センター運営規程
第1章   総  則
(目  的)
第1条  この規程は、一般社団法人熊本県宅地建物取引業協会(以下「本会」という)の情報提供委員会規則第2条第2項の規定に基づき、「熊本県不動産流通センター」(以下「流通センター」という)の運営等に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(所 在 地)
第2条  流通センターは、主たる事務所を本会事務局内におく。

(事業の内容)
第3条  流通センターは、次の各号の事業を行う。
(1) 不動産情報の登録及び提供
(2) 不動産情報流通システムの開発、改良及び提供
(3) 不動産情報流通システムについての啓発普及
(4) 会員に対する指導、助言、懲罰等
(5) 不動産流通に関する調査研究
(6) その他、流通センター事業の推進に関すること
第2章   物件の登録及び抹消
(会員ID、パスワードの付与)
第4条  流通センターは、会員に物件登録及び公益社団法人西日本不動産流通機構(以下「西日本レインズ」という)の利用に必要な会員ID及びパスワードを付与するものとする。
  2  前項の会員ID及びパスワードは、会員の事業所ごとに定める。
  3  会員は付与された会員ID及びパスワードを他の者に使用させてはならない。

(登録義務)
第5条  会員は顧客と次の各号に掲げる媒介契約を締結したときは、当該各号に定められた期間内に流通センターを通して西日本レインズに媒介契約に基づく物件を登録しなければならない。
(1) 専属専任媒介契約  契約締結の翌日から5日(休業日を除く)以内。
(2) 専任媒介契約  契約締結の翌日から7日(休業日を除く)以内。
  2  当該媒介契約に係る物件が、西日本レインズ管内のものでないときは、流通センターを通して管轄の不動産流通機構へ登録しなければならない。

(情報の登録)
第6条  流通センターへ登録する物件は専属専任媒介、専任媒介、一般媒介物件、自社物件、代理物件の売買情報及び賃貸情報とする。
  2  前項の媒介物件については、標準媒介契約約款を満たすものでなければならない。
  3  前2項の登録は、流通センター所定の様式により会員自ら行うものとする。
  4  会員は、物件情報を登録するに当たり、売却依頼者への確認、権利関係及び設備等の調査確認、その他必要な調査を事前に行うとともに「不動産の表示に関する公正競争規約」を遵守しなければならない。

(利用条件)
第7条  次の各号に掲げる情報は登録できないものとする。
     (1) 売主・貸主及び元付業者等から承諾を得ていない物件に関するもの
     (2) 通常の用法に必要な最低限の設備を欠く物件に関するもの
     (3) 信頼又は消費者保護に欠ける恐れがあるもの
     (4) 客付不可、業者不可等の共同仲介の原則に反するもの
  2  流通センターが必要と認めるときは、公開された情報に関し、会員及び関係者・   利用者等に対して内容の確認を行うことができる。

(登録時間)
第8条  流通センターへの登録時間は終日とする。
  2  流通センターを閉鎖する場合はその都度示す。

(物件の登録期間)
第9条  物件の登録期間は、情報の種別により、次のとおりとする。
    (1) 売買物件情報 90日
    (2) 賃貸借居住用物件情報 30日
    (3) 賃貸借事業用物件情報 90日
    (4) 求む情報 1週間〜4週間
  2  前項に示す登録期間が経過した物件については公開を停止し保留するものとす  る。

(登録情報の変更義務)
第10条  会員は登録した物件について次の各号に掲げる事由が生じた場合は速やかに    変更または中止の処理を行わなければならない。
       (1) 登録した物件情報に条件内容の変更、誤り、記載もれを発見したとき。
       (2) 媒介契約または代理契約が消滅したとき。
       (3) 売止め、貸し止め等登録を中止する必要が生じたとき。

(成約報告義務)
第11条  会員は、登録した物件が成約に至ったときは、2日(休業日を除く)以内に成約   報告を所定の方法により行わなければならない。
第3章   物件情報の伝達及び利用
(物件情報の提出利用)
第12条  流通センターは、管理する登録物件を常時会員及び一般消費者に提供するもの    とする。
  2  会員は、41-23.com物件登録システムを通して西日本レインズ、 全宅連統合サイト  (ハトマークサイト)及び不動産ジャパンに登録し提供できるものとする。
(広告の規則)
第13条  物件情報についての記載文言は「不動産の表示に関する公正競争規約」「同規約    施行規則」「同規約 実施細則」及び「不動産業における景品類の提供の制限に関す    る公正競争規約」「同規約 施行規則」の示すところにより表示しなければならない。
   2  前項のほか本規程第6条第2項及び第7条に違反する物件については、会員に通  知することなく物件情報を削除することができる。
(物件情報の監修)
第14条  監修は、業務受託会社が公正競争規約を遵守の上、責任をもって行う。
第4章   会員の義務及び違反者に対する処置
(業者間倫理の遵守)
第15条  会員は、流通センターの利用にあたって本会の倫理規程を遵守しなければなら   ない。
  2  会員は媒介契約期間内に流通センター登録物件の利用にあたって、次の事項を  遵守しなければならない。
      (1) 会員は登録した物件については、正当な理由なく取引行為を拒否してはなら     ない。
      (2) 元付会員はその登録物件に客付けした客付会員を経由せず買主、または借    主と直接交渉してはならない。
      (3) 会員は元付業者の承諾を得ることなく、登録物件情報の不特定多数の者に対   する広告宣伝告知等を行ってはならない。
     (4) 会員は登録した元付会員の承諾を受けないで当該売主、または貸主と直接交    渉してはならない。
     (5) 会員は他の同業者と媒介契約を締結している当該売主または貸主に対して、当  該契約期間内に当該物件の契約期間満了後の媒介契約締結を目的として、高い 価格を提示するなどの不当な誘引取引行為をしてはならない。
   3  会員は、依頼者より当該物件購入の意思表示を受けたときは、その物件の有無  等を確認し、元付業者にその意思を通知し、元付業者は速やかに売却依頼者にそ の旨を報告し、売却の意思を確認するものとする。
 4  元付業者は、次の各号の一に該当するときを除き、客付業者から物件購入依頼 の連絡を受けた順に交渉を開始しなければらない。
     (1) 売却希望価格と購入希望価格との間に著しい開きがあるとき
     (2) 売却依頼者の意思があるとき
     (3) その他正当な事由があるとき
  5  元付業者と、当該物件の購入の依頼を受けた客付業者は、互いに交渉の経過の  連絡及び報告をするものとする。
  6  元付業者は、当該物件の売買契約が成立したときは、当該物件購入の依頼を受 けた他の客付業者に対し、速やかに、その結果を報告しなければならない。

(会員の報酬)
第16条  会員の報酬は、国土交通省告示に従い、元付業者は売主から、客付業者は買    主から受領するものとする。

(違反行為の審査申立)
第17条  会員及び関係者は、この規程に違反した事実を発見した時は、情報提供委員会  に審査申立をすることができる。

(審査・聴聞)
第18条  情報提供委員会は前条に示す審査申立があったときは、当事者の聴聞その他    必要な審査を行うとともに、弁明の機会を与えなければならない。

(懲罰の基準)
第19条  情報提供委員会は、審査の結果会員の違反行為が明らかになった場合、委員     会出席委員の4分の3以上の賛成をもって次の基準により処分を行うものとす     る。
        (1) 警告注意
          違反の程度が軽微で注意を喚起するもの。
        (2) 戒告
          前号の警告、注意に該当し警告注意を受けたが改善されず、戒告処分相当      と判断された場合。
  (3) 会員の流通センター利用権の一時停止
         戒告の該当行為より悪質な違反を犯し、流通センター利用権を一時停止する     ことが相当と判断される者、また戒告該当行為を重ねた者に対し、6ヶ月の範囲   内で流通センター利用権(流通センターへの物件登録、情報誌の配布等流通セ       ンター利用の権利)を一時停止する。
    2   前項の処分に不服のあるものは法務委員会に対し、不服申し立てをすることが    できる。
   3  第1項のほか悪質な違反行為に該当する事案が発生したときは委員長は審査   報告書等関連書類を添えて会長に報告しなければならない。また会長はこの報 告を受けたときは、法務委員会に審査の請求を行うものとする。
第5章   会員負担
(受益者負担の原則)
第20条  流通センター事業を推進するにあたり、不足する財源については受益者が負担する   ものとする。

(受益者負担による徴収)
第21条  前条の徴収要領等については、別に示す。
第6章   雑   則
(改廃)
第22条  この規程の改廃は、理事会の決議を経て行う。


      附則
      1 この規程は、平成28年4月26日から施行する。
        (平成28年4月26日理事会決議)
      2 平成26年8月25日施行の熊本県不動産流通センター運営規約は廃止する。


サブセンター機能拡張のお知らせ (2016年03月22日)


「取引状況の補足」欄への記載について (2016年03月10日)
「取引状況管理」機能
  「取引状況の補足」欄への記載について

(公益社団法人西日本不動産流通機構)

 平成28年1月5 日から売物件の専属専任・専任媒介契約物件で運用を開始している「取引状況管理」機能においては、「取引状況の補足」欄に条件や変更原因が発生した日付等を具体的に明示することとなっており、規程及び「レインズ利用ガイドライン」を確認の上、「取引状況の補足」欄に必要な事項を記載するようお願い致します。
 規程及び「レインズ利用ガイドライン」に違背した場合は是正勧告や処分の対象となることがあります。


1.売主から紹介の条件が付けられている場合
 ー莪状況 「公開中」
 ⊆莪状況補足欄 条件の内容を具体的に明示
  記載例:「売主都合で土・日の午前中のみ案内可」

2.購入申込み書面を受領した場合
 ー莪状況 「公開中」⇒「書面による購入申込みあり」
 ⊆莪状況補足欄 書面を受領した日付を明示
  記載例:「購入申込み書面受領日:平成○年○月○日」

3.購入申込みが破棄された場合
 ー莪状況 「書面による購入申込みあり」⇒「公開中」
 ⊆莪状況補足欄 破棄を受け付けた日付を明示
  記載例:「購入申込み破棄受付日:平成○年○月○日」

4.売主から申し出を受け、売主の都合により紹介を一時停止する場合
 ー莪状況 「公開中」⇒「売主都合で一時紹介停止中」
 ⊆莪状況補足欄 具体的な内容や期間、売主からの意向の申し出を受け付けた日付を明示
  記載例:「売主が○○により平成○年○月○日まで紹介停止、売主申し出日:平成○年○月○日」

「取引状況管理」機能の詳細については「レインズ利用ガイドライン」をご参照ください。
※規程・同ガイドラインは当機構ホームページの会員専用サイトの諸規程一覧から確認してください。


物件登録及び再登録等について  (2015年12月24日)
現在(12月24日)、西日本レインズへつながりにくい現象が発生している関係で、物件登録等の画面で「西日本レインズへのデータ送信に失敗しました」というメッセージが出ることがあります。
この状況は本日中続く見通しですので、物件登録等はできるだけ明日以降にお願いします。
登録形式を「登録のみ」にすることで本日でも入力は可能です。


ユーザID及びパスワードの管理の徹底について (2015年12月15日)
 今般、空き部屋情報が登録されている専用サイトのユーザID及びパスワードが不正使用され、窃盗グループが逮捕されるという事案が新聞報道等で取り上げられております。
 つきましては、41−23.com及び西日本レインズを利用するためのユーザID及びパスワードに関しましても、不正な利用を防止するため会員の責任のもと適切に管理を行っていただきますよう、厳格な管理についてお願いいたします。


ステータス管理機能導入のお知らせ (2015年12月15日)
西日本レインズでは、国土交通省からの要請に基づき、レインズの機能を更に向上させ、中古住宅市場の活性化並びに消費者利益の保護増進に向けて以下の2機能が導入されます。それに伴い、当協会の物件入力システムも変更になります。
(平成28年1月5日から運用開始予定)
1. 物件情報項目に【取引状況】を追加します。
売り物件の「専属専任媒介契約」又は「専任媒介契約」の締結物件に対して、物件情報項目【取引状況】を追加します。
2. 登録された物件情報と【取引情報】を売主が直接確認できるようになります。

詳しくは、http://www.nishinihon-reins.or.jp/pdf/status.pdfでご確認ください。


熊本県不動産流通センター運営規約 (2015年05月21日)
熊本県不動産流通センター運営規約

第1章  総   則
(名  称)
第1条 一般社団法人熊本県宅地建物取引業協会(以下「協会」という)が不動産情報の登録及び提供に関するシステムを運営する機構を、「熊本県不動産流通センター」(以下「流通センター」という)と称する。

(目  的)
第2条 本規約は、不動産流通機構の運営、会員の物件登録、物件情報の管理等の手続きを定め、熊本県不動産流通センター業務の円滑、且つ効率的な実施を図ることを目的とする。

(所 在 地)
第3条 流通センターは、主たる事務所を協会事務局内におく。

(事業の内容)
第4条 流通センターは、次の各号の事業を行う。
(1)物件の登録、収集及び登録物件管理に関すること。
(2)登録物件の会員及び一般消費者への告知・提供に関すること。
(3)本部の流通業務運営に関すること。
(4)不動産流通に起因する会員の苦情申立及び苦情審査、違反者に対する処置に関すること。
(5)高度情報化に対する研究、調査及び情報機器の普及に関すること。
(6)流通センター事業の部内外に対する啓蒙に関すること。
(7)その他、流通センター事業の推進に関すること。

(事業の運営・構成)
第5条 流通センターの事業は、協会が運営し、情報提供委員会が担当する。
 2.各構成員については、会長が指名委嘱する。

第2章  物件の登録及び抹消
(登録義務)
第6条 会員は顧客と媒介契約を締結したときは、定められた期間内に流通センターを通してレインズに媒介契約に基づく物件を登録しなければならない。

(登録物件の区分、要件)
第7条 流通センターへ登録する物件は専属専任媒介、専任媒介、一般媒介物件、自社物件、代理物件の売買情報及び賃貸情報とする。
 2.前項の媒介物件については、標準媒介契約約款を満たすものでなければならない。
 3.前2項に定める登録物件の項目欠如及び表示規則に違反する物件については登録を保留し登録者に返却するものとする。

(登録時間)
第8条 流通センターへの登録時間は終日とする。
 2.流通センターを閉鎖する場合はその都度示す。

(物件の登録期間)
第9条 物件の登録期間については、媒介契約に定めている期間(媒介契約が有効な期間)とする。
 2.前項に示す登録期間が経過した物件については公開を停止し保留するものとする。

(成約・報告等報告の義務)
第10条 会員は登録した物件(情報)について、次の各号に示す事実が発生したときは、その旨発生した日から2日以内に流通センターに報告・変更しなければならない。
(1)元付会員は、自己が登録した物件が成約したとき。
(2)売止め、買止め、貸し止め等登録を中止する必要が生じたとき。
(3)登録した物件情報に条件内容の変更、誤り、記載もれを発見したとき。

第3章  物件情報の伝達及び利用
(物件情報の提出利用)
第11条 流通センターは、管理する登録物件を常時会員及び一般消費者に提供するものとする。
 2.前項の物件情報の提供方法については、41-23.com物件登録システムを通して(公社)西日本不動産流通機構・ 全宅連統合サイト(ハトマークサイト)に登録し提供するものとする。
尚、内容については別に定める。

(広告の規則)
第12条 物件情報についての記載文言は「不動産の表示に関する公正競争規約」「同運用基準」及び「不動産業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約」の示すところにより表示しなければならない。
 2.前項に違反する表示、記載があったときは、流通センターで削除、訂正するものとする。
 3.前項のほか本規約第7条2項及び3項に違反する物件については、掲載を禁止することができる。

(物件情報の監修)
第13条 監修は、業務委託会社が公正取引規約を遵守の上、責任をもって行う。

第4章  会員の義務及び違反者に対する処置
(業者間倫理の遵守)
第14条 会員は媒介契約期間内に流通センター登録物件の利用にあたって、次の事項を遵守しなければならない。
(1)会員は登録した元付会員の承諾を受けないで当該売主、または貸主と直接交渉してはならない。
(2)元付会員はその登録物件に客付けした客付会員を経由せず買主、または借主と直接交渉してはならない。
(3)会員は他の同業者と媒介契約を締結している依頼者に対して、当該契約期間内に当該物件の契約期限終了後の契約取得を目的として、高い価格を提示するなどの不当な誘引取引行為をしてはならない。
(4)会員は登録した物件については、正当な理由なく取引行為を拒否してはならない。

(違反行為の審査申立)
第15条 会員は第12条、第14条に違反した事実を発見した時は、審査申立書により、情報提供委員会に審査申立をすることができる。

(審査・聴聞)
第16条 情報提供委員会は前条に示す審査申立があったときは、当事者の聴聞その他必要な審査を行うとともに、弁明の機会を与えなければならない。

(懲罰の基準)
第17条 情報提供委員会は、審査の結果会員の違反行為が明らかになった場合、委員会出席委員の4分の3以上の賛成をもって次の基準により処分を行うものとする。
(1)警告注意
違反の程度が軽微で注意を喚起するもの。
(2)戒告
前号の警告、注意に該当し警告注意を受けたが改善されず、戒告処分相当と判断された場合
(3)会員の流通センター利用権の一時停止
戒告の該当行為より悪質な違反を犯し、流通センター利用権を一時停止することが相当と判断される者、また戒告該当行為を重ね反省意思が認められない者に対し、6ヶ月の範囲内で流通センター利用権(流通センターへの物件登録、情報誌の配布等流通センター利用の権利)を一時停止する。
 2.前項のほか悪質の違反行為を犯した者また流通センター利用権停止処分の期間中に悪質な違反を犯す等「除名」に該当する事案が発生したときは委員長は第15条に示す審査申立書、審査報告書等関連書類を添えて会長に報告しなければならない。
また会長はこの報告を受けたときは、法務委員会に審査の請求を行うものとする。

第5章  会員負担
(受益者負担の原則)
第18条 流通センター事業を推進するにあたり、不足する財源については受益者が負担するものとする。

(受益者負担による徴収)
第19条 前条の徴収要領等については、別に示す。

第6章  雑   則
(規約の改廃)
第20条 本規約の改廃は、理事会の承認を得なければならない。

(施行期日)
第21条 本規約は、平成26年8月25日より施行する。



消費税改正に関する表示価格について (2014年04月09日)
平成26年4月1日より消費税が改正されました。
3月31日までに登録された消費税課税対象物件の価格表示につきましてはご注意下さい。


9月1日より物件登録時の選択必須項目が一部増えます。 (2013年08月28日)


「西日本レインズ・41-23.com」システム拡張について (2013年07月23日)
平成25年5月14日に西日本レインズのサイトがリニューアルされ、より便利にご利用いただけるようになりました。
この拡張に伴い、41-23.comも拡張されますのでご確認ください。

○賃貸居住用・事業用の物件種別が細分化されます。 

賃貸物件の物件種別が細分化され、
・賃貸戸建て
・賃貸マンション
・賃貸住宅以外全部
・賃貸住宅以外一部
・貸土地
・貸駐車場(月極)
となります。

※既存登録物件情報及びマッチング等の設定条件等は、41-23.com側で新種別へ移行します。
各自での変更はありません。
新規登録される際は新種別にて登録ください。


○物件登録時にレインズ証明書をPDF形式にて出力できます。
西日本レインズ登録証明書が物件登録時に「PDF形式」にて受け取れるようになります。

※証明書の発行は1度のみです。PDF出力画面で印刷・保存をせずにブラウザを閉じると再発行できません。
 また、PDF出力された場合は、発行ツール・FAXでの出力はできません。逆も同じです。
※PDF出力される方は「証明書発行ツール」「Bizfax」の利用は原則不要となります。
※「Bizfax」の廃止を希望される方は、協会事務局までご連絡ください。NTTコミュニケーションズへの廃止届の提出が必要です。
ただし、一度廃止されると利用再開時には工事費が必要となります。

○物件登録時の入力項目の拡張
公取基準などを網羅した項目が追加されます。

以上のシステム拡張作業を2013年7月24日(水)予定で行います。


【重要】熊本市の政令指定都市化による住所変更について  (2012年03月26日)
いつもご利用ありがとうございます。
来る4月1日熊本市の住所に区名が入ります。
それに伴い、41-23.comおよび西日本不動産流通機構の
会員データ・物件データは4月1日に新住所に自動で変換されます。
ただし、以下の町名の物件データについては自動で変換されませんので、4月1日以降、お手数ですが各会員さまで、再度住所の再設定をお願いいたします。

【自動で変換されない町名】

・池田3丁目
・出水4丁目
・江津2丁目
・帯山4丁目
・京町本丁
・黒髪7丁目
・神水本町
・湖東1丁目
・津浦町
・八王寺町
・保田窪2丁目
・室園町
・横手1丁目
・横手2丁目
・横手3丁目
・平成1丁目
・平成2丁目
・三郎1丁目
・東京塚町
・富合町三拾町



年末年始のシステム稼動について (2011年12月19日)
41-23.com物件登録システムは、年末年始も休まず稼動しますのでいつでも新規物件登録が可能です。
しかし、ハトマークサイト(全宅連)では、12月30日から1月3日まではシステムが休止しますので、41-23.comで12月28日午後6時以降に登録されたものは1月4日からの公開となります。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。


全宅連「ハトマークマークサイト」禁止文言エラーチェックについて  (2011年11月30日)
ハトマークサイトでは、インターネット上での物件公開の公正さを図る事を目的に
不動産の公正競争規約を遵守した「禁止文言のエラーチェック」を実施する内容の連絡が全宅連より入りました。
実施日は、2011年12月1日からとなります。
ご利用の皆様にはその意、十分にご理解の上、公開をお願いいたします。


被災された方のための住宅確保支援について(お願い) (2011年04月11日)
社団法人西日本不動産流通機構より標記の件につきまして会員皆様への協力依頼がございました。
http://www.nishinihon-reins.or.jp/pdf/hisai.pdf よりご確認いただき、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。なお、当協会システムは「西日本レインズシステムと一体的に連携しているレインズサブセンターシステムを利用している場合」に該当します。



レインズ情報取り扱いガイドラインの制定について (2011年04月05日)
レインズ情報の取り扱いについて、会員の理解を深め、適切かつ円滑な不動産取引を推進するため、より具体的なルールとして「レインズ情報取り扱いガイドライン」が定められ、4月1日から運用が開始されました。
本ガイドライン等は(社)西日本不動産流通機構ホームページに掲載されておりますので、遵守いただきますようお願い申し上げます。
http://www.nishinihon-reins.or.jp/koukoku.html


被災者向け支援がある物件の登録について (2011年03月29日)
熊宅協第396号でお知らせしましたとおり、協会では情報提供をお願いしております。
つきましては、協会宛情報提供をお願いすると共に、物件登録の際、被災者向け支援がある場合には、「備考(一般公開用)」欄にその旨ご記載いただきますようお願い申し上げます。(20文字以内の制限があります)
「ハトマークサイト」「不動産ジャパン」にも掲載されますので、より被災者の方の目に触れる可能性が高くなります。
なお、「備考追加」欄にご掲載分は、「ハトマークサイト」及び「不動産ジャパン」には掲載されません。
<記載例>
[震災]被災者向け支援有(仲介手数料)
[震災]被災者向け支援有(敷金、家賃)
 ※具体的な項目を括弧書きに記載して下さい。
[震災]被災地の方ご相談下さい。


会員向けページプレオープン (2010年08月03日)
いつもご利用ありがとうございます。
この度、協会会員向けページが稼動しました。
協会からのお知らせ、会務日報、広報バックナンバーなどが
ご確認頂けます。
※ID/PWは、8月中旬に会員様にお知らせいたします。


新機能追加お知らせ!! (2009年11月18日)
いつもご利用ありがとうございます。
新機能が追加されましたので、宜しくお願い致します。

主な追加機能
(1)画像10点まで登録可能に!
  ・登録できる画像が最大10点に増えました。
  ・一般公開されるのは6点までです。(画像1〜画像6)
  ・業者間公開はさらに4点掲載できます。(画像1〜画像10)
  ・各画像にキャプション(説明文)をつけることができます。
  ・検索結果オビ情報画面に掲載する画像を選択できます。

(2)備考欄を拡張!
  ・一般公開備考欄(20文字)に追記するかたちで、さらに文字入力できるようになりました。
   備考追加欄に入力してください(ハトマークへは反映しません)
  ・物件のセールスポイントが入力できます。一般公開、物件詳細画面上部に表示されます。
  ・担当者名・担当者電話番号・担当者メールアドレスが掲載できるようになりました。

(注)公正競争規約に違反する文言は掲載できません。提携サイト等には反映されません。  

(3)入力項目の追加!
  ・一戸建て・マンションなどで、「サービスルーム数」、「建物工法」の項目が追加されました。

(4)PDFファイルをアップロードできるようになりました。

  ・PDFのアップロード:画像登録画面の下にPDFの更新画面があります。
          JPEG画像をUPするときと同様、PDFファイルもUPできます。
  ※物件資料はPDFファイルのみです。エクセル、JPEGなどは不可。
  ※ファイルサイズの上限値は1MB程度です
  ※ご利用の環境によりさらに小さくしなければアップロードできない場合があります


  ・PDFファイルの閲覧:物件検索をして、オビ情報、詳細画面に【物件資料】というボタンが出ます。
             クリックするとPDFファイルが開きます。
※PDFを閲覧するにはAdobe Readerというソフトが必要です。

・PDF作成について:有料、無料ソフトを使用してPDFを作成し、パソコンに保存してください。


(5)画像の一括表示機能を新規追加いたしました。

(6)物件検索機能が追加されました。
用途地域での検索や間取りタイプごとの検索が可能になりました。
検索結果帯情報画面では並べ替え機能が強化されました。


11月19日(木)より、41-23.comに新たな機能が追加されます! (2009年11月13日)
‥佻燭任る画像が最大10点に!!さらに物件資料(PDF形式ファイル)も会員間公開に掲載可能に。
備考欄を拡張!
一般公開の備考欄に追記するかたちで、さらに文字が入力できます(ハトマークサイト及び不動産ジャパンには反映されません)。公取に違反するような文字は掲載できません。
F力項目の追加
 一戸建て・マンションなどで、「サービスルーム数」、「建物工法」を入力できるようになります。
ぢ瀉鷦崗譴追加されます(物件種目:土地)。
ゲ餔間検索画面の拡張


画像登録のお知らせ (2008年10月30日)
登録物件への画像は1MBまで可能です。適正サイズは700×700で超えるサイズは自動で縮小されます。


登録証明書印刷ツールのお知らせ(ご注意) (2008年10月08日)
登録証明書印刷ツールをはじめて起動する場合、レインズID、パスワードを設定する画面が表示されます。レインズIDは、配布しましたIDに043をはじめに付けて下さい。パスワードはそのまま入力して下さい。


レインズ日報について (2008年10月06日)
日報を各業者様ででお取りいただくにはiFAXのお申し込みが必要となります。既に契約をされている方は協会までお知らせ下さい。登録の変更を致します。
その場合、登録証明書等も直接レインズからお受取りいただけます(現在は協会経由のため若干時間がかかります)


41-23.com10月1日よりテスト開始!! (2008年09月30日)
11月1日の本稼動に向けてご利用下さい。



一般社団法人 熊本県宅地建物取引業協会
〒862-0950 熊本市中央区水前寺6丁目1番31号 熊本県不動産会館
TEL:096-213-1355
FAX:096-213-1356